2度目の参戦! 夏の激辛グランプリ 【Cafe WASUGAZEN(港区)】

8月6日。金曜出社のランチです

東京都の新型コロナウイルス新規感染者が初めて5,000人を超えた翌日。
出歩くのが恐ろしい状況ではあるものの、翌日から3連休とあって、普段の金曜日より出社率は高いように感じました。
ワタクシの所属するチームもご多分に漏れず。
雑談も交えながら、穏やかな空気のもとで業務が進みます。

「ランチ、どこか決めてます?」
「Kさん(親会社から出向しているおエライさん)が食べてたキーマカレーが気になるんですよ」
「あぁ、『夏の激辛グランプリ』の」

アクセス

かくして辛いモノ好き3人で、ワタクシにとって2回目となる「WASUGAZEN」へ。

野菜たっぷり、カラダに優しいランチ 【Cafe WASUGAZEN(港区)】

日比谷線・神谷町駅と都営三田線・御成門駅の間、西新橋三丁目交差点の北西角にある、愛宕グリーンヒルズMORIタワーの3階。
上りエスカレーター側、うどん屋の隣にあります。

メニュー

肉と魚の日替わりランチ、限定5食の焼きチーズカレーと炙りローストポーク丼に加え、金曜日にはシェフカレーも。

しかし、我々の気持ちは激辛一直線。
限定10食に間に合うでしょうか?

店内の様子

スタッフに確認の後、入って目の前の大テーブルに案内されました。
「イスをひとつ空け、パーテーションを隔ててお座りください」
ふたり用テーブルはひとり、4人用テーブルもふたりに絞っているそうで。

いただきます

■サラダマーボーキーマカレー(1,200円)
結局、3人して激辛チャレンジ。
出てくるまでに20分ほどかかってヤキモキしました。
キーマカレーのプレートだけでなく、サラダと野菜スープも付いてオッサレー。

カイエンペッパーの香りが立ち上り、辛そうな空気がプンプンと。
コーンやニンジン、紫キャベツなどをトッピングにあしらい、彩りも鮮やかです。

キュウリを取り除き、先に食べ始めたふたりに追いつこうと急いで食べ始めます。
ラー油と山椒がガツンと来て、辛いよりも痛い。
言葉を失い、無の表情になっているふたりに、納得と同情を覚えます。
いうなれば「凶悪な辛さ」ですな。

サラダを箸休めに、汗と鼻水を流しながらも完食。
温かい野菜スープが舌の痛みを増幅して、なかなかのクセモノです。

お勘定時に投票用のシールをもらい、入り口のボードに貼り付けます。
今回は「香り」に1票。

でも、我々が食べた分にプチトマトって入ってなかったような…。

店舗情報

Cafe WASUGAZEN 愛宕グリーンヒルズ店

ダッチベイビー(米粉使用) 直営店のほかにここだけ!
[住所]東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー3F
posted with タベレバ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

“2度目の参戦! 夏の激辛グランプリ 【Cafe WASUGAZEN(港区)】” への1件の返信

コメントは受け付けていません。