いざ参戦! 夏の激辛グランプリ 【Cafe WASUGAZEN(港区)】

7月15日。今年も開催です

朝、オフィスのあるビルに入ると、セキュリティゲートの脇の立て看板が目を引きました。
近づいてみると、「夏の激辛グランプリ」が今年も実施されるとのこと。
どんよりとして、まだ夏本番という気にはなれない天気ですが、開始初日に気付かせてくれたのは、導きでしかないでしょう(笑)

アクセス

タイにするか、メキシコにするか迷いましたが、すんなりと下りのエレベーターに乗れたことで、焼きチーズカレーにしようと決めました。

日比谷線・神谷町駅と都営三田線・御成門駅の間、西新橋三丁目交差点の北西角にある、愛宕グリーンヒルズMORIタワー。
3階の上りエスカレーター側にある「Cafe WASUGAZEN」です。

店内の様子&メニュー

一応、店先のメニューをチェック。
今日は金曜日だから、シェフカレーもあるんですよね。

お弁当が肉、魚ともに残っているのは、この店にしては珍しい。

しかし、今のワタクシには、コレ以外考えられません。
1日限定5食、果たして間に合うのでしょうか??

ちなみに、昨年参戦したのはコチラ↓

2度目の参戦! 夏の激辛グランプリ 【Cafe WASUGAZEN(港区)】


席も意外と空いている感じ。
新型コロナの感染が急拡大していることで、出社を控える方向になっているのかもしれません。
だったら、ウチの職場もねぇ…(以下、自主規制)

いただきます

■旨辛! ハバネロ焼きチーズカレー(1,320円)
アツアツの皿から辛味が気化して、すでにヤバい。
注文時に「かなり辛いですけど、大丈夫ですか?」と念押しされるのも、うなづける気がしました。
この辛さを制するには、生野菜サラダと野菜スープの存在がカギになりそう。
とりあえずドレッシングはかけないでおきますかね。

表面を埋め尽くすのは、唐辛子、ハバネロ、干しエビ、クミン、フライドオニオンなどを配合した、自家製のスパイスフレーク。

コイツはハフハフとほおばっては危険だと察し、少しずつ口に運びます。
スパイスフレークの下には、たっぷりのチーズ。
辛さよりも熱さが難物といったほうがいいかもしれません。

辛味の気化が落ち着くころには、スパイスフレークの辛味とザクザクとした食感をアクセントに、カレー自体の甘味を楽しむ余裕も。
顔から汗が流れ落ちるものの、やみつきになる味です。

「味」「香り」「見た目」で最もイイと感じたポイントをシールで評価するシステムは、今年も同じ。
さて、ワタクシはどれに「辛いいね」したでしょう?

店舗情報

関連ランキング:カフェ | 御成門駅神谷町駅虎ノ門ヒルズ駅

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村