2年越し、●●を果たす瀬戸内旅 2章8節「マツシゲリカーショップ」

10月2日。しおまち商店街から少し入って

瀬戸田で行っておきたかったもう1軒の店がコチラ。
店内で飲める酒屋さんだそうで。

アクセス

瀬戸田港側の入り口から商店街を1ブロック進み、元祖レモンケーキの店の角を左に折れて50mほど行った右手にある「マツシゲリカーショップ」
「お好み焼」ののぼりが目印です。

メニュー

店先の椅子に座ったカエルのぬいぐるみがメニューを抱えています。
おぉ~っ、定食や丼モノまであるなんて。

お酒は店頭の商品をセルフサービスで。
何気なく置かれたギターもユルさを感じさせます。

ココはやっぱり広島の地酒ですよね。

■酔心 橅のしずく 上撰(270円)
ということで、テーブル席に落ち着いてボチボチ始めるといたしましょう。
庶民派だけれど、しっかりした旨味。
だから広島のお酒は、我々の口に合うんだな。

「オトナの駄菓子屋」のような空間で、まったりとくつろぎます。

そこへ作務衣(風)の上着を着た店主が出てきて、お好み焼きを焼き始めました。

時間をかけてていねいに。
おっ、そろそろできあがりそうですよ。

いただきます

■海鮮スペシャル(750円)
エビ、タコ、イカ、アサリなどが入った、ゴージャスなお好み焼き。

広島のお好み焼きといったら、そばが不可欠です。

そして、オタフクのお好みソースも忘れちゃいけませんよね。

じっくり時間をかけて焼いたお好み焼きは、キャベツもモヤシもトロットロ。
酒屋さんの「こんなの始めました」にしては、相当本格的です。
この記事を書きながらも、ふたりして「あのお好み焼きはうまかったよなぁ」と。

お好み焼きをアテに地酒を飲んで、このお値段。
PayPayで支払えるのも、酔いですのぉ。

店舗情報

関連ランキング:お好み焼き | 瀬戸田町瀬戸田

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村