1県1品運動 日本橋編その5 【日本橋ふくしま館 MIDETTE(中央区)】

10月3日。ラストオーダー5分前に滑り込みました

この日の飲めるアンテナショップめぐりは、ひとまずココがゴール地点。
ぷぷぷ、「MIDETTE(ミデッテ=見て行って)」ですって。

アクセス

「ブリッジにいがた」から中央通りをさらに北へ進み、室町3丁目交差点を過ぎて50mほど行った左手。
東京メトロ半蔵門線および銀座線の三越前駅、または総武本線の新日本橋駅が最寄りです。

店内の様子&メニュー

奥へ進んでいくと、左手に杉玉の下がるお酒のコーナーが。

その奥が飲食コーナーになっています。
入り口に「お食事の提供は終了しました」とありますが、

時計に目をやると、飲み比べ提供時間の5時半はかろうじて回っていないよう。
スタッフの「飲み比べですか?」のひとことが後押しになりました。
2種類700円のプレミアムもありますが、3種類500円のセットで。
ラインナップは随時入れ替わり、ウェブサイトの「お知らせ・新着情報」にも掲載されています。

飲食コーナーは、フードコートのようなオープンな雰囲気。
イスの配置に配慮し、感染防止に努めています。

うわぁ、大きな赤べこさん。
ベンチかと思ったけれど、違うのね(笑)

いただきます

■飲み比べSET(500円)
ガラスの酒器に入って3種類。
この量で3種類500円は、良心的なお値段です。

天明 純米(曙酒造・会津坂下町)
コレといって個性を感じさせない分、懐の広いお酒。
https://akebono-syuzou.com/

自然郷 純米吟醸(大木代吉本店・矢吹町)
口にした時に炭酸っぽさを感じるピリピリ系。
飲み終えるころにはその感覚は消え、マイルドになっていました。
チーたらやドライ納豆といった、乾きモノに合わせるのが酔さそう。
https://www.daikichi-sizengo.co.jp/

善き哉 純米吟醸(名倉山酒造・会津若松市)
口当たりも後口も甘め。
純米吟醸だけれど味が濃いと感じました。
お肉を醤油味で焼いた生姜焼きとか、サイコロステーキなんかイイね。
http://www.nagurayama.jp/

「善き哉に限らず、全般的にコクのある醤油味が合うんじゃないかな」
福島も芋煮文化圏だと気づいて、ストンと腹に落ちました。
ブログ朋友さんとも会いたいし、福島は近々リアルで行きたいなぁ。

店舗情報

★日本橋ふくしま館 MIDETTE
中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階
03-6262-3977
午前10時~午後8時(土日祝は午前11時~午後6時)
https://midette.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村